最新の装置・検査

HD・PET Reconstruction Technology

PET画像は検出器構造により、 ガントリ辺縁部での分解能が劣化していました。 HD・PETはSoftwareDOIと呼ばれるPoint Spread Function技術を用いることで、 視野中心、 辺縁部ともに2mm台の高分解能画像を得られます。分解能向上とともに、バックグランドのノイズ減少が実現されており、病変部のコントラストが向上したPET画像による診断が可能とまります。
【点広がり関数(Point Spread Function)を用いた画像再構成】
点広がり関数は点線源に対するクリスタルの応答関数です。FOVのあらゆる位置における実測した点広がり関数をシステムに登録し、画像再構成に使用することで、データ収集中に認識されるクリスタルの発光傾向からガンマ線の入射方向を正確に推定することができ、再構成画像の分解能の劣化を抑えることができます。

 

 

 

 

 

 

 

without HD                HD

 

 

 

 

最新の技術

・True V Extended Field of View:216mmFOV

・HD・PET Reconstruction Technology

・高分解能 LSO HI-REZ 検出器

 

PET-CT装置(True Point バイオグラフ16)へ戻る

 

------------------------------------------------------------------------
画像提供:シーメンス旭メディテック株式会社

------------------------------------------------------------------------

links

シーメンス旭メディテック株式会社 ホームページ


東海大学画像検査センターtopへ