造影検査

整形外科系検査

 

ミエログラフィー(脊髄腔造影)

背骨(脊椎骨)の中を通る神経の様子をみる検査です。脊髄の神経は脊柱管の中にあり、チューブのような、じょうぶな膜(硬膜)に包まれて、脳脊髄液の中に浮かんでいます。ミエログラフィーは、この脳脊髄液の所に、レントゲンに写る造影剤を入れて、形の変化を調べます。

 

 

spinespine2

 

肩アルトロ撮影

肩関節の中に局所麻酔剤と造影剤を注入して関節内の病変を調べる検査方法です。肩関節の場合、骨の構成以外に関節包や靭帯、腱板といった軟部組織が病変にかかわることが多いので、軟部組織の情報を得るには有益な検査法です。検査終了後は運動はひかえてください。また、検査終了後にMRI検査を行う場合があります。

 

arutro

 


東海大学画像検査センターtopへ