放射線治療

術中照射とは

 

手術中に病変部に対して行われる治療法です。病変部のみへ照射するようにしています。

主に膵がんなど、通常の放射線治療で効果を上げることが困難な固形がんに対して、術中に患部を露出して、一度に大量の放射線を照射する治療方法です。当院では膵臓、直腸に関して行われています。

 


東海大学画像検査センターtopへ