放射線治療

全身照射(TBI)とは

 

全身照射は造血幹細胞移植の前処置として行われます。その役割は高容量の薬剤と共に、宿主の免疫能や造血能を抑制し、場合により腫瘍細胞を根絶することです。白血病の様な腫瘍性疾患には全身への照射を行い、再生不良性貧血や先天性代謝異常などの非腫瘍性疾患では主に胸腹部への照射を行います。全身照射の照射方法には様々な手法がありますが、当院では全身照射専用の寝台を用いた寝台移動法を他施設に先駆けて導入し、全国有数の症例数を経験しています。当院での寝台移動法の特徴として、患者さんは仰向けで寝ているだけの安楽な姿勢で受けられ、様々な部位の遮蔽が容易な点を挙げられます。この特徴を活かし、移植後の長期的なQOLを考慮した生殖腺や甲状腺の遮蔽も試みられています。

 

 

TBI

 


東海大学画像検査センターtopへ