MRI検査

MRI検査とは

大きな磁石と電波を使う画像診断装置です。大きな磁石(装置)の中に入り、体にラジオと同じ周波数の電波をあてて撮影します。

achieva3.0T

 

特徴

  • 検査時間が長く、約30分程度かかります。
  • 大きな音がします。
  • 被ばくがありません。
  • トンネル内は非常に狭く、また奥が深いです。
  • 息を止める合図をする検査もあります。

 

これは、MRI室のドアに貼ってあるポスターです。

MRI装置自体がとても強い磁石であり、ラジオ波を用いて撮影します。故障・破損の恐れがあるため、検査室内に持ち込む荷物には注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 


東海大学画像検査センターtopへ