Gd造影剤について

Gd(ガドリニウム)造影剤について

     

    検査によってMRI用造影剤を静脈から注射することがあります。造影剤を用いることにより、病気の状態をより正確に明らかにすることができます。副作用は極めて少ない薬ですが、万一気分が悪くなった場合にはお知らせください。
    また、以下の項目にあてはまる方は造影剤を使用できない場合がありますので、あらかじめ主治医や検査担当に申し出てください。

     

    * 現在喘息、または過去に喘息だった方

    * アレルギー体質の方

    * 過去に造影剤で副作用が出たことのある方

     

    授乳中で造影剤を使用した場合、搾乳や授乳は造影剤使用後48時間を過ぎるまで行わないでください。

 

 

 

 


東海大学画像検査センターtopへ