健診センター

Q&A

 

〜胸部X線検査〜

Q1.どうして大きく息を吸って写真を撮影するのですか?

息を吸っていただくことで肺が膨らみ、肺の面積を大きく描出できるためです。

 

〜CT検査〜

Q2. CTは放射線被曝が多いと聞いたのですが大丈夫でしょうか?

年に何回か受けるような程度では身体に影響がでることはありません。それよりも、定期的な受診をしてそこから早期発見につなげられるような情報を得た方が十分に有益であると言えます。

 

〜脳MRI検査〜

Q3.歯にインプラントを埋め込んであるのですが検査はできないでしょうか?

インプラントの中にはマグネット式のものもあります。ほとんどの場合大丈夫ですが、強力な磁場の中に入りますので磁力を失ってしまうという可能性も否定できません。そのような場合には受診される方の同意が得られれば検査を行うことはできます。
また、体内金属が埋め込まれていても、全く検査ができないというわけではなく、材質が確認できそれが磁性体(磁石で引っ張られないもの)であれば検査をすることは可能です。体内に金属がある方は検査の前にそういった金属の材質を確認した上で検査を行います。

 

〜胃X線検査〜

Q4.検査中にゲップをしてはいけないといわれましたがどうしてですか?
この検査では胃を大きく膨らませるために、検査の前に発泡剤という胃を膨らませる薬を飲んで頂きます。しかし検査の途中でゲップをしてしまうとせっかく膨らんだ胃が縮んでしまい観察できない部分ができてしまうため検査中はゲップを我慢して頂きます。

 

 


東海大学画像検査センターtopへ