健診センター

脳MRI検査(オプション)

脳血管疾患(脳出血、クモ膜下出血、脳梗塞)は日本の三大疾患(がん、心疾患、脳血管疾患)の一つとされる疾患です。脳の疾患は症状が出ないうちであれば普段と全く変わらない生活ができますが、一度発症してしまうと正常に戻すことは難しく、後遺症が残ったり場合によっては死に至ってしまいます。本検査では得られた脳の断面像や、脳の血管像から血管のこぶ(脳動脈瘤)、血管奇形、脳腫瘍などの予兆を重篤な症状が発症する前に発見することを目的とします。検査ではベッドの上で20分程度静かに寝て頂きます。

 

 

MRAH_MRI

 

*オプションをご希望される方は、健診コースと同時にお申し込みしていただくか、健診コース受信日の2週間前までに、お電話でお申し込みください。

ただし、定員に達している場合にはお引き受けできませんので、ご了承ください。

 

                            東海大学医学部付属病院健診センター

                              電話 0463−93−1121(代表)

 

 


東海大学画像検査センターtopへ