血管造影

血管造影とは

血管造影(Angiography:Angio)は、動脈や静脈の中にカテーテルといわれる細い管を差し込んで、血管を造影剤により映しだす検査です。以前は主に血管の状態や血流が豊富な腫瘍の検査が中心でしたが、現在では大半が血管内治療に置き換わっています。

 

 

血管内治療とは

血管内治療(Interventional Radiology:IVR)は、カテーテルを選択的に目的とする血管内に入れ、血管内から病気を治療する方法です。IVRでは、狭くなった血管を拡げる血管形成術と血の流れを止める血管塞栓術に分かれます。

 

血管形成術とは

動脈硬化などにより血管が狭くなったり(狭窄)、閉じたり(閉塞)する疾患に対し、血管内から狭窄・閉塞している部分を、風船(バルーン)や金属の筒(ステント)により拡げ血流を再開通させる治療です。対象となる主な疾患には、心筋梗塞や頸動脈狭窄症、四肢血管の狭窄症などがあります。

 

stent

ステント と バルーン

 

血管塞栓術とは

血管内にできたこぶ(動脈瘤)や、血流が豊富な腫瘍を栄養する血管、外傷などによる出血血管を、金属コイルやゼラチンスポンジにより血流を止め(塞栓)、動脈瘤や腫瘍の成長を阻止したり出血をとめたりする治療です。対象となる主な疾患には、脳動脈瘤や腎動脈瘤、血流が豊富な腫瘍(肝細胞がん・子宮がん)、外傷などによる出血などがあります。

 

zelpartcoil

ゼラチンスポンジ                     金属コイル

 

 

 

 

 


東海大学画像検査センターtopへ