腹部血管造影

腹部血管造影検査

腹部血管造影検査では、カテーテルを腹部の各血管まで進め、造影剤注入前後でX線撮影を行い、これらの画像の引き算(Digital Subtraction Angiography:DSA)により、目的血管のみを映し出す検査です。血流豊富な腫瘍(肝細胞がん・子宮がん)を栄養する血管の同定や外傷による出血血管などがわかります。

 

 

腹部血管内治療

肝細胞がんに対する血管内治療:経カテーテル的動脈塞栓術
:Transcatheter Arterial Embolization:TAE

経カテーテル的動脈塞栓術では、血流豊富な腫瘍に対し、腫瘍を栄養する血流を遮断し、腫瘍の増大を抑える治療法です。非常に細いカテーテルを腫瘍血管まで進め、腫瘍血管だけが詰まる物質(塞栓物質)により、腫瘍血管が塞栓され腫瘍の成長を抑えます。また、塞栓と同時に抗がん剤をカテーテルから流し治療する経カテーテル的動脈化学塞栓療法:Transcatheter Arterial ChemoEmbolization:TACEも行っています。

 

prepost

TAE前                      TAE後

 

dsa

TAE後(DSA)

 

 

外傷出血血管に対する血管内治療:経カテーテル的動脈塞栓術
:Transcatheter Arterial Embolization:TAE

交通事故や転落による高エネルギー外傷に対し、出血血管の同定と止血を行う治療法です。選択的に出血血管までカテーテルを進め、塞栓物質により出血血管を詰め、止血を行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


東海大学画像検査センターtopへ