心血管造影

冠動脈疾患に対する血管造影

心血管造影検査(心臓カテーテル検査:Cardioangiography:CAG)

心血管造影検査(心臓カテーテル検査)は、カテーテルを心臓の血管(冠動脈)まで進め、造影剤を注入しながら連続的にX線撮影を行い、冠動脈CINE画像(映画のような連続画像)から、冠動脈の狭窄や閉塞を診断します。また、全身へ血液を送る左心室の動きを診ることで心臓の機能の検査も行います。

   

<RCA>

 

<LCA>

 

<LVG>

 

心臓カテーテル治療:Percutaneous Coronary Intervention:PCI

心筋梗塞や狭心症は、心臓を栄養する冠動脈が動脈硬化によって狭窄したり閉塞する疾患で、これにより心臓に血液が送られない状態が続くと心不全をきたします。心臓カテーテル治療では、カテーテルを冠動脈の狭窄部分まで進めバルーン(風船)やステント(金属製の筒)によって拡げ、血流を改善させる治療法です。

<PRE>

 

<POST>

 

不整脈に対する血管造影

心臓電気生理学的検査:Electrophysiological study:EPS

心臓は全身に血液を送るために絶えずリズムよく拍動しています。この拍動(脈拍)のリズムが乱れるのが不整脈です。心臓電気生理学的検査では、心臓の中に電極カテーテルを留置し、電気刺激を行うことによって、不整脈の種類や不整脈の原因となる部位を検査します。

 

 

心筋焼灼術:心筋カテーテルアブレーション:ABL

心筋カテーテルアブレーションは、不整脈の原因となっている部位に対して、電極カテーテルから高周波通電を行い、心筋を焼灼(焼く)する治療法です。

 

 

ペースメーカー移植術・植え込み型除細動器(ICD移植術)

心臓の拍動(脈拍)が遅くなる(除脈)不整脈に対し、心臓の動きを助ける働きをするものがペースメーカーです。設定した心拍数以下になったことを検知し、自動で電気刺激を心臓に送り脈拍のリズムを正常に戻します。また、植え込み型除細動器は、ペースメーカー機能に加えて、致死性の不整脈(心室頻拍・心室細動)が起こった場合に電気ショックを放出することのできるものです。

PMIPMI

 

 

 

 


東海大学画像検査センターtopへ